包茎手術の不安を解消!初めての人が抱えがちな疑問を解説

包茎を改善したいと考えている人は、日本人男性に多い現状です。
実際に、日本人男性の半数以上は仮性包茎であると考えられていますのでその状態を改善したいとクリニックに相談しようとする人は多いです。
ただ、そういった行動に移すことに関して不安や疑問を感じている人も少なくありません。
包茎手術を行うときに、痛みや費用面での疑問や不安が存在するからです。
確かに、クリニックにはそれぞれが提案する治療法やそれに伴う料金面での違いも存在します。
まずは、包茎手術を受けようと考えている人達のこれらの疑問を解消するために、最低限の知識を理解することから始める必要があります。

包茎の種類で異なる手術の内容

包茎手術を行うときは、まず患者の状態を確認する必要があります。
実は、包茎とはいっても手術を必要としないものも存在するからです。
日本人男性は、仮性包茎である人が多い現状ですが実は通常のこの状態では包茎手術を行う必要性がありません。
包茎手術が求められるのは、真性とカントンと呼ばれる2つの種類です。
注意が必要なのが、カントンは仮性と近い状態にある点です。
包茎手術が必要なケースは、包皮口が小さくて亀頭に対してダメージを与えてしまうケースです。
たとえ仮性であっても、亀頭への締め付けや負担が大きいと考えられる場合には、包茎手術を行わなくてはならないケースも存在します。
そして、これらの症状に応じて包茎手術は進められていきます。
包茎手術では、必ずメスを使って包皮を切らなくてはいけないと誤解をしている人も少なくありません。
しかし、上述のように症状に応じて対応は異なるので、実はメスを使わなくても状態を改善できるものも存在します。
仮に、包皮口の状態を改善するだけで良いのならば美容医療の観点から陰茎を増大することで症状を緩和できるケースもあります。
一律に同じ治療法を行う必要はないので、その点の不安はありません。

手術の痛みが大きくならない理由

包茎手術の不安や疑問で最も多いのが、痛みに関する問題です。
包茎手術では、亀頭と包皮の癒着を改善するために直接的に切り込みを入れて状態を改善するケースも目立ちます。
それだけではなく、一部分を切り取って亀頭を完全に露出させてしまうものもありますので、陰茎への包茎手術のダメージは相応に大きくなります。
当然、メスを使って陰茎にダメージを与えることになるので相当の痛みが伴うリスクが存在します。
ただ、患者がこのような痛みに関する不安を抱えることはほとんどありません。
包茎手術を行う際には、麻酔を利用することが一般的だからです。
確かに、メスを使えば痛みの程度は大きくなりますが、患者がそれを感じることがないように、クリニック側で対処します。
この対処方法については様々ですが、陰茎に直接的に麻酔をする方法や、鎮痛剤や鎮静剤を利用することによって患者に寝てもらう方法もあります。
寝ながら治療をする方法は、感覚的には外科手術の全身麻酔とほぼ変わりません。
気づいたときには包茎手術は終了していますので、痛みについての不安は気にする必要がない現状です。
これは、どういった治療法でも共通しているため安心できます。

大切なのは手術後のケアと対策

包茎治療の痛みの問題は、包茎手術よりもそれ以後のアフターケアにおいての方が重要です。
実際に、包茎手術後のケアでは痛みが伴うことがあるからです。
これに関しても、不安点や疑問点を解消して万全の対策を講じておく必要があります。
そもそも、包茎手術が終わった直後は陰茎にダメージが残っている状態なので、それを完治させるための時間が必要になります。
この期間は、だいたい2週間程度であると考えられています。
この間は、日常生活の中でも陰茎に刺激を与えないようにしたり、細菌やウイルスが入り込まないように注意をする必要があります。
特に、手術後にすぐにシャワーを浴びて濡らしたり、興奮作用のある食事や飲み物を摂取することは厳禁です。
もちろん、激しい運動や行動も控えなくてはいけません。
包茎治療で重要なのは、ダメージをきちんと抜いて後遺症が残らないように経過観察を進めていくことです。
包茎手術そのものは難しくはありませんが、その後のケアは自宅での療養になりますので本人の努力も必要だからです。
間違ったアフターケアをしてしまうと、ダメージが長引いてそれだけ痛みも継続しますので、必ず安静にして状態を改善できるように努めることです。

まとめ

包茎手術を初めて考える人は、治療時の痛みやストレス、そして料金面での不安に疑問を感じることも多いです。
しかし、治療時の痛みやストレスはケアをすることで軽減できますし、料金面での不安も症状に応じて保険適用があります。
軽度のものならば大きな費用になりませんし、十分にその場で支払えるだけの金額になることが大半です。
また、包茎手術後の経過観察も優秀なクリニックならばアフターサービスが充実しています。
包茎手術の保証については、その後のケアを含めた医療サービスを含んでいることが多いです。
安全性が高いので、初めてでも不安に感じることはありません。